葬儀後に行うこと〜納骨〜

葬儀が終わって一段落しても、まだまだやることはあります。
各方面への手続きやご挨拶、四十九日の準備など、なかなか落ち着くことはできないでしょう。

 

ここでは、納骨についてお話ししましょう。

 

納骨の時期は、地域や習慣によって異なりますので、一概に『いつ』とは言えません。
いつ納骨したら良いのか分からない場合には僧侶に相談しても良いですし、お墓をお持ちでしたら四十九日法要のときに納骨を行う場合が多いので参考にすると良いですね。
お墓がなく、手配が間に合わなかった場合には、百ヶ日や一周忌などの法要までにお墓を手配し納骨してください。

 

お墓がないからと言って、どこにお墓を作っても良いというわけではありません。
『墓地、埋葬等に関する法律』通称『墓埋法』により、都道府県知事の許可の元に墓地が作られています。

 

 

お墓は、公営墓地・寺院墓地・民営墓地の3種類あり、墓地を運営する団体によって異なります。

 

公営墓地

市町村など地方自治体による運営。
使用者は公募で募集します。
応募資格として、「その市町村に住んでいること」や「遺骨がすでにあること」などの条件を設けています。

 

寺院墓地

寺院の敷地内に設けられたお墓で、その寺院の檀家だけが使用する権利があります。

 

民営墓地

宗教法人や財団法人による運営で、広い敷地でキレイに整備されたお墓となっています。
運営主体が宗教法人の場合もありますが、宗旨宗派を問わないことが多いです。

 

墓地の購入は、一般の土地購入とは違い、墓地を永久に使用する『永代使用権』の取得を意味します。
永代使用権は、代々子孫が墓地を継承し続けることができ、使用権が継続します。
ただし、継承者がいなくなった墓地は、法律による手続きを行い墓地運営者に返されます。
永代使用権は、永代使用料を払うことで得ることができ、ほかに墓地内の通路や水道などの維持管理のため、管理料を支払い続けます。

葬儀後に行うこと〜四十九日後〜

四十九日を過ぎたら、一般的には遺族も日常生活にもどります。

 

そして、四十九日が過ぎたらやらなくてはいけないこととして、香典返しがあります。
香典返しは地域や慣習によって異なりますが、四十九日法要の後、会葬のお礼の挨拶を兼ねて喪主から送るのが一般的です。
香典返しの相場は香典の半分、または三分の一くらいの金額の品物であることが多く、表書きは「志」「満中陰志」とし、下には喪主の家名を書きます。
送るときには忌明けの挨拶状を添えて、会葬のお礼、四十九日法要が済んだこと、香典返しを送ったこと、などの内容を記します。

 

次に考えなくてはいけないこととして、故人の遺品整理ですね。
そして、形見分けです。
形見分けは何でも分ければ良いということではなく、故人が生前愛用していたもの差し上げます。
肉親や所縁の方々など、ごく親しい人たちだけで行います。
形見分けは、一般的には四十九日を過ぎてから行いますが、高価な貴金属や芸術品などの場合、相続税の対象となる場合がありますので要注意ですね。

 

亡くなった命日から100日目の法要を百ヶ日と言います。
卒哭忌という言い方もあり、この日を以て泣くことをやめ、悲しみに区切りをつける日とされています。
百ヶ日の法要は、家族や親族など身内で営むことが一般的です。

 

遺産相続については、民法で定められた法定相続人と遺産相続割合があり、遺言書がある場合にはその内容に従います。
遺言書は、弁護士などの立ち合いの元で開封します。
法定相続人は、配偶者・子供、父母、兄弟姉妹となっており、財産の相続には相続税の納付が必要です。
故人が亡くなった翌日から10か月以内に相続税を納付しなくてはいけません。
ただし、基礎控除として一定金額までは税金がかかりませんので、税務署や税理士に相談すると良いでしょう。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社