葬儀が終わったら

葬儀が終わると、次に待っているのは様々な手続きです。
人がひとり亡くなると、社会的・法律的・供養に関するものと、大きく分けると3種類の手続きが必要です。

 

まずしなくてはいけないこととして、近隣や故人の勤務先、お世話になった方や寺院へのご挨拶です。
勤務先に関しては挨拶以外にも、私物の整理、給与精算など、必要に応じて手続きを行います。

 

また、7日目の初七日や四十九日が大きな区切りとなりますので、四十九日法要の準備をすぐに始めましょう。
会場の手配、お寺への依頼、会場、本位牌や仏壇の準備、香典返しの発注などが必要です。
この時、納骨の手配もしておくと良いですね。
また四十九日までには遺言書の確認をするようにしましょう。

 

葬儀当日には、世話役・会計係の方から、香典と香典袋・香典帳、供花・供物帳、弔辞文・弔電、会葬者名簿・名刺、立て替え金の精算、忘れ物の有無の引き継ぎを行います。
法的手続きとして、遺産分割などの手続きが必要です。
遺言書の有無、相続人の数、財産の内容の確認は早めに行い、手続きに掛かります。
早めに行わなければ、知らないうちに故人の借金を法定相続人が相続してしまう場合があります。
また、遺産相続や名義変更などの手続きは、複雑で面倒な部分があります。
弁護士や法律相談機関などに相談したり、司法書士税理士に手続きの代行を依頼すると良いでしょう。

 

故人が名義になっているものの名義変更
●住民票の世帯主変更
●電気・ガス・水道・電話の名義変更
●不動産の所有権移転登記
●預貯金・株券の名義変更
●自動車の移転登録

 

返却・解約しなくてはいけない身分証明書など
●運転免許証の返却
●会社の身分証明書の返却
●クレジットカードの解約
●様々な会員証の解約

 

費用や相続関係など、必要な手続き
●年金の遺族年金・死亡一時金(できるだけ早く)
●健康保険の埋葬料・葬祭費(2年以内)
●相続権の限定承認・相続放棄(3ヶ月以内)
●相続税の申告・納付(10ヶ月以内)
●所得税、故人の準確定申告(4ヶ月以内)
●医療費還付、医療費控除の還付請求(5年以内)
●生命保険の保険金請求(3年以内)
●労災保険、葬祭料・遺族補償年金(2年以内)

四十九日までの過ごし方

葬儀を終えると、遺骨・遺影・白木の位牌の安置、花や灯明・香炉を置く中陰壇を家に設けます。
四十九日までは、遺族はできるだけ中陰壇の前に座るようにしましょう。
故人が極楽浄土に行けるように供養してください。
七日ごとの法要が出来ない場合も、四十九日までは中陰壇の前に座るようにし、お線香をあげ手を合わせ、お参りしてください。
閻魔大王のお裁きを受けると言われている三十五日は、特に丁寧な法要を行う場合が多いです。
一般に忌中は四十九日までとされており、この期間は結婚式などへの出席や神社の参拝などは控えましょう。

 

また、葬儀では白木の位牌を用います。
白木の位牌は仮のもので、遺骨・遺影と一緒に中陰壇に祀りますが、四十九日の法要までに本位牌に作り変える必要があります。
早めに仏壇店に依頼して、戒名の文字入れに掛かる日数を考慮しなくてはいけませんね。
本位牌が出来上がったら、白木の位牌は四十九日法要の時に菩提寺に納めます。
本位牌には住職から魂入れをしていただきますが、四十九日の法要をお寺で行う場合には、本位牌を持参するのを忘れてはいけません。
四十九日の法要を終えたら、本位牌は仏壇に安置します。
仏壇がない場合には、四十九日までに手配するようにしましょう。

 

四十九日は、故人の行き先が決まる最も重要な日で、満中陰と言います。
故人の成仏を願い、極楽浄土に行けるよう、家族や親族、故人と所縁の深かった方々と四十九日の法要を行います。
四十九日をもって、忌明けとなります。
法要後、忌明けの会食を行います。

 

四十九日は、喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあります。
この日を以て、中陰壇を片付けて、本位牌を安置した仏壇へのお参りとなります。

 

法要は忌日当日に行ったほうが良いですが、参列者の都合などで週末に行う場合が多いようです。
法要の日をずらす場合、忌日よりも遅くなってはいけません。
忌日より早いのであれば、曜日は問いません。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社