葬儀、香典について

葬儀に参列する際、礼儀やマナーを知らなくて心細くなることがありますね。
特に、葬儀のような厳かな席で、知らずに無礼な行動になってしまうのは、避けたいものです。
ここでは、香典のマナーについてお話ししましょう。

 

香典とは、もともと「故人への香のお供えの代わりに現金を包む」という意味を持っています。
香典を渡すときには、どんなに親しい方でも、必ず住所・氏名(フルネーム)・金額を記入するようにします。

 

香典の表書きに悩む方は多いのではないでしょうか。
書き方には「御霊前」「御香典」「御香料」「御仏前」などがあります。
仏式では「御霊前」が一般的で、どの宗教でも無宗教でも使用できます。
ただし、蓮の絵柄がついている袋は仏式以外に使用してはいけません。
「御仏前」は、四十九日後の法要で使用します。

 

また、神式では「御玉串料」「御榊料」、キリスト教では、「御花料」「献花料」と書きます。
無宗教では、「御霊前」「御花料」が無難で良いでしょう。

 

香典の渡し方は、受付で渡す場合、香典袋の表書きを係りの方が読める方向にして渡します。
受付がない場合もありますが、その場合には祭壇に供えるか、遺族に直接手渡すと良いでしょう。
祭壇に供えるときには、香典袋の表書きが自分で読める方向にして供えてください。
場合によっては香典をお断りしていることもありますので、その場合には無理に渡すことは控えましょう。

 

霊前に供える供花は、「くげ」や「きょうか」と言います。
供花には生花や花輪、樒(しきみ)があり、最近は生花が多くなり花輪は少なくなりました。
会場の都合や喪家の意向を確認して、その葬儀の葬儀社への依頼でお通夜までに届くようにします。

 

葬儀、お焼香の仕方

葬儀での作法やマナーについて、「正確には分からない」という方は実は少なくありません。
見よう見真似でやっているうちに、正確なところを訊けない年齢になってしまったという方もいらっしゃるでしょうし、お若くて葬儀の参列の経験が少ない方もいらっしゃるでしょう。
きちんとした作法やマナーを覚えておけば、恥をかくことも、知らずにマナー違反をしてしまうこともなくなりますね。

 

ここでは、焼香の仕方についてお話ししましょう。

 

焼香の仕方

1.祭壇の手前、参列者の席の最前列より一歩前で、ご遺族に一礼します。
2.焼香台の前に進み、遺影を仰ぎ見て、頭を下げて黙礼か合掌礼拝をします。
3.右手の親指・人差し指・中指で香をつまんで、額の高さまで押しいただきます。
4.香炉に1〜2回、静かにくべてください。
5.数珠を手に、合掌礼拝します。
6.ご遺族に一礼し、速やかに席に戻ります。

 

合掌とは、両手の平を胸の前辺りで合わせることを言います。
もともとはインドの礼法ですが、仏教の作法として日本に伝わりました。
仏教の教えでは、右手は仏の世界、左手は生き物全てを指す衆生の世界を表すと言われており、右手と左手を合わせて合掌し、仏と衆生が一体になるということを意味しています。
正しい合掌の仕方は、胸の前で左右の手の平と指をしっかり合わせ、指先が斜め上を向く形にします。
軽く目を閉じ、頭を軽く下げます。
葬儀や法事では何度も合掌をします。
その際、数珠を手に掛けるのを忘れないようにしましょう。
普段からお参りの習慣を身につけておくとよいですね。

 

数珠は、葬儀や法事など仏事に欠かせないもので、必ず一人一つは持ちます。
数珠の玉の数は、人間の煩悩である百八つが基本です。
常に持ち歩き手を合わせることで、煩悩が消え功徳を得ると言われています。

 

宗派によって、数珠の形は異なります。
一般には各宗派共通の略式の数珠が使われていますが、略式の数珠は18〜43個くらいの玉でできており数は決まっていません。
玉のの素材については、好きなものを選んで良いでしょう。

 

数珠を持つときは、房が下にして左手で持ち、長い数珠は二重にします。
合掌する際には、数珠を左手にかけて右手を添えて合わせるか、両手を合わせて数珠をかけ親指で軽く押さえて合掌します。
数珠は、手から離したらバックやポケットなどに入れ、畳や椅子に置かないようにしてください。

葬儀体験談-『香典返しはいつでも渡せるようにしておいた方がいいです』

5年ほど前に、父親が亡くなりました。そして、葬儀は、同じ市内の葬儀場でおこないました。しかし、誰もが、葬儀の当日に、葬儀場へ訪れるのではありませんでした。

 

実は、葬儀の準備中に、自宅へ香典を持ってきたくださった人もいました。
その時には、自宅にいた親戚が応対したのですが、なんと、香典返しを渡すのを忘れてしまったのでした。
それを知ったわたしの夫は、近所の人なので、その人の自宅まで香典返しを届けに行ったのでした。
その時に思ったことは、実際の葬儀の会場での葬儀がすべてではないということでした。
そして、香典返しについては、いつでも渡せるようにしておいた方がいいこともわかったのでした。

 

葬儀の当日も、自宅での受け付けはおこなっていました。
そして、自宅に香典を持って訪れる人もかなりいたのでした。
もちろん、自宅での受付にも香典返しは用意してあったのですが、これも余裕を持たせておいた方がいいのだと思いました。

 

香典返しというものは、儀礼的なものだと思われています。
しかし、これを渡すことができないのは、とても残念なことになってしまいます。
早めに準備して、いつでも対応できるようにしておいた方がいいとも思いました。

 

香典返しは、葬儀場などで、手配をしてくれます。
ただし、早めに頼むことが肝心なんだと思います。
また、何日か後に葬儀のことを知り、気を遣ってくれるような人もいます。そういった人たちに対しても、スマートに対応できるといいと思います。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社