葬儀参列・弔問のマナー

訃報の知らせを受けたあと、お付き合いの度合いによって弔問するタイミングが異なりますね。
近親者や親しい方の場合には、なるべく早く駆けつけるようにしましょう。
一般関係者の場合は、お通夜か葬儀の日時を調べて弔問するようにします。
また、取り込み中の遺族に電話をかけて、お悔やみの言葉を述べるのは控えるようにしてください。

 

近親者や親しい方の場合で取り急ぎ弔問するときは、服装は平服でかまいませんが地味なものにしてください。
香典は通夜や葬儀に持参しますので、このときは持たずに伺います。
遺族への配慮で、長居は禁物です。

 

ご遺体と対面する作法は、ご遺体の枕元から少し下がった位置に正座し、一礼の後、ご遺族が顔の白布を外したら近づきます。
この時、膝をつけたままで近づくようにしてください。
対面後、合掌礼拝し、遺族にも一礼します。
ただし、ご遺族の勧めがない限り対面は控えましょう。
こちらから対面を要望するのは礼儀に反しています。

 

お悔やみの言葉は、余計なことを言うと差し障ることもあるので、平凡な言葉が良いでしょう。
また、病状のことなど深く訊くのは失礼です。
「死亡」=「ご逝去」
「存命中」=「ご生前」
「生きている時」=「お元気な時」
など、言葉を替えて直接的な言い方を避けるようにしましょう。

 

「この度は、誠にご愁傷さまでございます」

 

「心より、ご冥福をお祈りいたします」

 

「心から、お悔やみ申し上げます」

 

「突然のことで、何とお慰めしてよいやら」

 

「生前は、大変お世話になりました」

 

「本当に残念でなりません」

 

など、ありきたりですが短く分かりやすい言葉が良いでしょう。

 

通夜や葬儀に参列できない場合、弔電を打ってお悔やみの気持ちを伝えましょう。
弔電のあて先は喪主ですが、分からない場合は「故●●様ご遺族様」とします。
葬儀の準備などで忙しい中、電話でお悔やみを言うのは避けるようにしましょう。

お通夜・葬儀の服装とマナー

お通夜や葬儀へ参列する際、最近は一般会葬者も喪服を着ることが多く、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルということが多いようです。
一般会葬者は平服でも良いですが、なるべく地味で暗い色の服装が良いですね。
男性は、黒のネクタイ・黒の靴・黒の靴下、女性は、控えめな化粧でシンプルな髪型にしましょう。
結婚指輪以外のアクセサリーは基本的には着けず、パールのネックレスかイヤリングのどちらかは着けても良いでしょう。
子どもは制服がある場合は制服着用とし、ない場合は地味でおとなしい服装にしましょう。
また、お通夜・葬儀の参列には、数珠を忘れずに持って行きましょう。

 

葬儀は、故人を葬る儀式です。
遺族や近親者、或いは特に親しかった方たちだけで行われるのが一般的です。
告別式は、葬儀のあと、故人に所縁のある方たちがお別れを告げる儀式です。
最近は、一般的には葬儀と告別式を明確に分けることなく、ひとつの流れで行うことが多くなっています。
近親者や関係者で、葬儀に参列する場合は定刻より早めに会場に入り着席して待つようにします。
ただし、一般会葬者は定められた時間内に間に合うように参列するのがマナーです。

 

式場に入ったら、案内に従います。
案内がない場合には自分の立場やほかの会葬者を考慮して、適当な席に着いてください。
遺族席が自分の席から近くであっても目礼するに留め、また喪主や遺族のそばに出向いてお悔やみを述べるのは控えてください。
式場では、知人を見つけても目礼に留め、大声で話しかけるなどは避けるのが礼儀です。

 

式場では、ご遺族は多くの会葬者と接します。
式の合間に話しかけるなど、控えるようにしましょう。
どうしても話かける場合には、簡潔に、長々と時間を取らないように注意しましょう。

お通夜・葬儀、こんなときはどうする?

通夜振る舞い

お通夜が終わると通夜振る舞いがあります。
通夜振る舞いは、故人への供養と弔問に対するお礼の意味があります。
招かれた場合はなるべく席につき、一口でも箸をつけるのが礼儀です。
ただし宴席ではないので、故人と関係のない話に花を咲かせたり長居はしないように気を付けましょう。

 

出棺のお見送り

告別式で焼香をした後、なるべく残って出棺を見送りましょう。
霊柩車が動き出したら、合掌します。
心から故人の冥福を祈り、最後のお見送りをします。

 

火葬場へ同行

ご遺族からの依頼があった場合、火葬場への同行をするのが礼儀です。
ただし、どうしても時間的な余裕がなくお断りする場合には、簡単に事情を説明した上で丁寧にお断りします。
ご自分の意思で火葬場への同行を希望する場合には、前以てご遺族に申し出るようにしてください。
その場で突然参加を申し出ると、場合によってはご遺族に迷惑をかけることもあります。

 

仏事の献杯

精進落としの宴席や、法事のあとの宴席など、仏事の場合は最初に献杯します。
献杯は故人に杯を捧げる意味があり、乾杯とは異なります。
献杯の音頭は簡単な挨拶をし杯を捧げて、「献杯」と発声してから飲み干します。

 

弔問できない場合

事情があってお通夜・葬儀に参列できない場合、代理人を立ててください。
代理人は妻や子が良いでしょう。

 

訃報を後日知った場合

葬儀が終わってから訃報を知った場合には、すぐに電話でお悔やみの言葉を伝えましょう。
そして、後日改めて弔問に伺います。
弔問はできるだけ早く、納骨する前に行くようにします。
葬儀直後はご遺族も忙しく、長居は禁物ですが、故人の思い出をご遺族と語らうなどの気遣いは必要です。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社