仏壇の形

仏壇は、伝統型仏壇と家具調仏壇があります。
伝統型仏壇は、昔ながらの作り方で作られたもので、黒の漆塗りで内部に金箔が貼ってある金仏壇と、黒檀や紫檀などの美しい木目の唐木仏壇があります。
また、家具調仏壇は、お部屋のインテリアを邪魔せず、部屋の雰囲気を壊さないデザインとなっており、閉めておけば仏壇だと分からないタイプのものもあります。

 

仏壇の購入は、イメージをしっかりと持ち、宗派や家の置き場所などを踏まえて選ぶと良いでしょう。

 

金仏壇

金仏壇は、白木の素地に漆やカシューなどの仕上げを施し、内部を金箔や金粉で装飾した仏壇です。
「塗り仏壇」とも呼ばれており、昔から馴染みのあるタイプですね。

 

唐木仏壇

唐木仏壇は、黒檀や紫檀や、ケヤキや桑などを使用し、木目を生かして造られた仏壇です。
唐木仏壇の場合は宗派での形の違いはなく、浄土真宗以外の宗派で用いられることが多く、中には浄土真宗でも用いることがあります。
地域によって異なり、造りがあっさりした東京仏壇、内部が三方金で装飾された大阪唐木仏壇などがあります。
家具調仏壇のような形のものもあり、伝統と現代風の両方の要素を持ち合わせたものも多くあります。
関東仏壇では、伝統和家具のような形の仏壇もあります。

 

家具調仏壇

家具調仏壇は、現代の都市型住居にも合うようなデザインの仏壇です。
一般的な家具のように見えるので、リビングに置いても部屋の雰囲気を壊すことはありませんし、むしろオシャレな家具に見えるでしょう。
デザインや形が多種多様となっていますので、間取りや環境、或いは故人の好みなどで選ぶことができます。

 

置き場所で考えるお仏壇

お仏壇を購入する前に置き場所を決めなくてはいけませんね。
仏間があればベストですが、最近は仏間がない家が多いようです。
和室なのか洋室なのかにもよりますが、床に直接置くことができるのか、家具やサイドボードの上に置く形にするのかなどによっても、選ぶお仏壇は変わってきます。
また、置き場所次第でお仏壇のお参りの仕方も、床に正座するのか、椅子に座るのか、立ったままお参りするのかなども違ってきます。
座布団は必要なのか、椅子を購入したほうが良いのかなども合わせ考えなければいけませんね。
最近は、正座の習慣がないため、正座が辛いので椅子に座ってお参りできる形のお仏壇を選ぶ方も多いようです。
和室がない家が多くなっていますので、必然的にそうなるのかもしれませんね。

 

和室

一般的にお仏壇は和室によく似合いますね。
昔から見てきた光景でもあるので、馴染みがあります。
和室には伝統型仏壇がしっくりときますが、最近流行りのモダンテイストの和室では、和とモダンが融合した新しい感覚を持つ家具調仏壇を置くと映えますね。
和室では、仏間に置く場合、地袋付きの仏間(造り付けの低い戸棚)置く場合、家具や棚の上に置く場合があり、それによって選ぶ仏壇も異なります。

 

洋間

昔はどの家にも和室があるのが当たり前でしたが、最近は和室がない家もあるようです。
そのような場合には、洋間にお仏壇を置くことになりますね。
しかし、昔ながらの伝統型仏壇を洋室に置いては、まるでちぐはぐでセンスがありませんね。
すっきりとした家具調デザインの明るい色調のものも、最近では多くなっています。
そういったものを選ぶと部屋に馴染んで雰囲気を壊さずに済むでしょう。
家具調仏壇にも、床置きのタイプと、家具や棚の上に置くタイプがあり、最近では壁に掛けられる仏壇や、家具一体型の仏壇もあります。
部屋の雰囲気やインテリアに合わせて、たくさんの種類から選べるようになっています。

 

お仏壇を置くことは大切なことです。
しかし、お仏壇を置くために部屋の雰囲気を壊してしまったり、せっかくこだわったインテリアが台無しになるのは残念です。
どちらを優先するでもなく、仏壇のある暮らしを自然な形で取り入れられると良いですね。

葬儀体験談-『家族葬で混乱しました』

先月父を亡くし初めて葬儀の段取りを体験しました。

 

母が近所の葬儀社の会員になっていたので亡くなる1月前くらいから相談し、家族葬で行うことを計画していました。
結構細かい所まで打ち合わせし、葬儀に呼ぶ人もある程度絞り、香典も受け取らないと決めて当日を迎えたのですが、実際にはなかなか思うようには進みませんでした。

 

父は生前に付き合いの多かった人なので、人伝に話が回り結局大勢の人が通夜・葬儀に参列することになりました。
それはそれで大変有難いことなのですが、会場の大きさや通夜振舞いの食事の量などが間に合わないことに。
また受付も親族で行う予定だったのですが、急遽町内会の人が数人やって来て受付を手伝ってくれましたので、急いで手土産を手配しなければならなくなりました。
いずれも式場の配慮で迷惑を掛けるまでには至りませんでしたが、かなり慌てました。

 

とりわけ一番苦慮したのが香典です。
一切受け取らないと決めていたのに、古い付き合いの人から「どうしても」と言われると母が断りきれず、結局なし崩し的に大勢の人から受け取ることになってしまいました。
その結果香典返しを一から選び直さなければならなくなり、大変でした。

 

この経験で学んだのは、葬儀というものはこちら側の意思だけではなく関係者の意向もある程度想定して、準備や内容を決めないといけないということです。
父の交友関係や現役時代の功績を考えたら、とても家族葬では収まらないのは予測出来ましたし、そのうえで家族葬にこだわるなら頑とした意思を持たないといけないと感じました。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社