位牌について

位牌には、故人に付けられた戒名が書かれています。
表面には戒名と亡くなった没年月日、裏面には生前の俗名と享年が書き込まれます。

 

戒名は、仏様の弟子になったことを表し、本来は生きている者が出家して仏門に入り与えられた名前なのです。
現在では、故人を称え仏の浄土に往生するために、葬儀の前に僧侶に付けてもらって故人の象徴とします。

 

仏壇に安置されるものは『本位牌』と言い、黒漆塗りや黒檀紫檀の材質になります。
白木の位牌は葬儀のときに使う野辺送り用の仮の位牌で、四十九日まで故人の霊の行き先が定まらず、彷徨っているときに遺骨や遺影と共に祭壇にまつられます。
四十九日が過ぎると成仏しますので、苦しみのない浄土に行くことができ、成仏した証に本位牌に作り替え仏壇に安置します。
白木の位牌は四十九日の法要の際、菩提寺にお納めし、本位牌に僧侶より魂入れをしてもらいます。

 

位牌は、故人の象徴です。
位牌は故人に相応しいものを選ぶと良いでしょう。
形は宗派には関係なく、好みの形で大丈夫です。
すでにどなたかの位牌がある場合、同じ形で揃えることもあります。
大きさは、仏壇に合わせることが重要です。
大きすぎると仏壇に入りませんので、仏壇の購入が必要場場合には先に仏壇を決めてください。

 

位牌は、僧侶に魂入れをしてもらい、仏壇に安置します。
仏壇の中心はご本尊なので、ご本尊が隠れないように左右どちらかか、或いは一段低い位置に安置します。
むかって右側が上座ですので、ご先祖を順に右から並べていきます。

位牌、こんなときはどうする?

位牌には、表面に戒名と没年月日、裏面に生前の俗名と享年が書かれます。
戒名とは、仏様の弟子になることを表し、誰にでも平等に付けられるものです。

 

位牌は、四十九日までは白木位牌をまつり、四十九日を過ぎて成仏したら魂入れをしてもらった本位牌となります。
白木位牌は僧侶に引き取ってもらい、いただいた本位牌は仏壇の中に安置します。

 

一般的に位牌は、ひとりに1つと言う風に考えられていますが、夫婦であれば一つの位牌にお二方の戒名を連ねる場合もあります。
夫の戒名を右側、妻の戒名を左側に入れ、 裏側の俗名も同様に入れます。

 

また、家長制度で長男が先祖代々の位牌を守るという考え方だった昔とは違って、現在では個々の気持ちを重視し、長男以外でも両親の位牌を作ってそれぞれの仏壇に安置する場合があります。
そしてまだ身内に不幸ごとがない場合でも、全ての先祖に感謝する意味をもって『○○家先祖代々之霊位』という位牌を作っている方もいらっしゃいます。

 

では、古く傷んだ位牌はそのままにしておいても良いのでしょうか。
位牌は、故人そのものだと考えられています。
古く傷んだ位牌がそのままになっていては、故人がお気の毒です。
新しい位牌に作り替え、僧侶に魂の移し替えをお願いしましょう。
その際、古い位牌は菩提寺でお焚き上げしてもらいます。

 

また、古い先祖の位牌が増えて、仏壇に納まらなくなってしまった場合、戒名を書いた板状のものが入る箱型の位牌(回出位牌)がありますので、作り替えると良いですね。
ほかにも、『先祖代々』の位牌を作ったり、過去帳にまとめるなどの方法があります。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社