戒名と位牌

葬儀の際、僧侶にお布施を渡します。
このお布施で、戒名と読経をお願いすることができます。
戒名が付けられると、位牌に書かれて渡されます。
お仏壇の中に置かれてあるのが位牌です。

 

戒名とは、お亡くなりになった方が仏さまの弟子なったことを表し、あの世に行くときに持って行く名前で僧侶に付けてもらいます。

 

『戒』とは、仏弟子として守っていかなければいけない『戒律』を意味し、戒名は生きている人でも、出家して仏門に入り仏教の『戒』を受けた人に与えられます。
つまり、本来は生前に授かるものなのですが、現在は故人を称えて仏弟子として仏の浄土に往生できるよう、葬儀の前に僧侶に付けてもらいます。
浄土真宗では、戒名のことを法名と呼び、日蓮宗では法号とも読んでいます。
一般的に位牌に記してある『院号』『道号』『戒名』『位号』全体で戒名と言いますが、正式には生前の俗名や経典に因んだ2文字となります。
これは、身分に関係なくどんな方でも2文字で、仏の世界が平等であることが分かりますね。

 

また、○○院という院号は社会的な貢献度が高い方に付けられます。
本来は、生前に寺院に尽くした方に付けられていたものです。

 

位牌の戒名入れは、位牌の表面に『戒名』『亡くなった没年月日』を書き込み、裏面には『俗名』『享年』を入れます。
『亡くなった没年月日』に関しては、裏に書き込む場合もあります。
『俗名』とは生前の氏名、『享年』とは亡くなったときの年齢のことです。
戒名入れは、機械彫り文字と手書き文字の手法があります。

 

葬儀体験談-『初めての肉親の葬儀体験』

昨年、長期入院していた父親が亡くなり初めて肉親の葬儀を体験しました。

 

入院している間に何度か危篤状態があり覚悟をするべきだと思い、いざと言う時焦らない為にインターネットで最近の葬儀状況を色々調べました。
以前と違い、最近では家族葬が多く近親者のみで行うという方が沢山いらっしゃいました。
それぞれ事情が違うので、どういう形で行うのかは亡くなられた方の状況で変わると思います。

 

私の父の場合、兄弟姉妹が先に亡くなっていらして、親戚関係では母の方だけになるので近親者のみの家族葬儀を選択しました。
母方の方も高齢者が多くまた遠方から来て頂くのは体にも負担になると思ったのも一つの要因です。
連絡したのは近くに住んでいる母の親戚のみとし、他の方は年賀欠礼ハガキで後日お知らせをしたと言う形です。

 

葬儀社を決める際にもインターネットで色々と調べ、費用などもかなり考慮し又、利用された方のコメントなども参考にしました。
柩、花、遺影写真などを含めても17万円位で済ませる事が出来ました。
沢山の方が参列される葬儀や花などに費用を掛けたりすると会場費用もかなり掛るでしょうが、私の場合は家庭の事情もあり本当に質素にしました。

 

費用が沢山掛る葬儀であっても、逆に少ない費用で済ませたとしても亡くなった方を見送る気持ちが大切だと私は思うので、世間体や形に拘らず心のこもった葬儀は出来ると思います。
確かに費用は掛からず世間から見れば質素な葬儀かもしれませんが、葬儀社の方の対応も大変よく終わったあとのアフターケアもしっかりとして下さり、とても良かったと思っております。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社