葬儀関連A記事一覧

 

葬儀の際、僧侶にお布施を渡します。このお布施で、戒名と読経をお願いすることができます。戒名が付けられると、位牌に書かれて渡されます。お仏壇の中に置かれてあるのが位牌です。戒名とは、お亡くなりになった方が仏さまの弟子なったことを表し、あの世に行くときに持って行く名前で僧侶に付けてもらいます。『戒』とは、仏弟子として守っていかなければいけない『戒律』を意味し、戒名は生きている人でも、出家して仏門に入り...

 
 

位牌には、故人に付けられた戒名が書かれています。表面には戒名と亡くなった没年月日、裏面には生前の俗名と享年が書き込まれます。戒名は、仏様の弟子になったことを表し、本来は生きている者が出家して仏門に入り与えられた名前なのです。現在では、故人を称え仏の浄土に往生するために、葬儀の前に僧侶に付けてもらって故人の象徴とします。仏壇に安置されるものは『本位牌』と言い、黒漆塗りや黒檀紫檀の材質になります。白木...

 
 

仏壇の購入は、一生に何度もあるものではありませんね。高額な買い物でもありますし、「なんでもいいから買えればいい」というものではありません。大切に選びたいものです。しかし何を基準に、どんな仏壇を選んだら良いのか、分かっている方は少ないのではないでしょうか。そこで、重要になるのが、お店選びです。「仏壇店は、どこでも同じだろう」と思っている方が意外と多くて驚かされますが、それぞれの特徴は顕著です。扱って...

 
 

仏壇は、伝統型仏壇と家具調仏壇があります。伝統型仏壇は、昔ながらの作り方で作られたもので、黒の漆塗りで内部に金箔が貼ってある金仏壇と、黒檀や紫檀などの美しい木目の唐木仏壇があります。また、家具調仏壇は、お部屋のインテリアを邪魔せず、部屋の雰囲気を壊さないデザインとなっており、閉めておけば仏壇だと分からないタイプのものもあります。仏壇の購入は、イメージをしっかりと持ち、宗派や家の置き場所などを踏まえ...

 
 

仏壇は、一生のうちに何度も購入するものではありません。一度購入すると30〜50年は大切に使いますし、購入した店によっては一度購入した仏壇を永久的にケアしてくれるところもあります。ですから、ほとんどの方が仏壇を購入するとき「はじめて仏壇を買う」という場合が多いでしょう。ですから、仏壇に対して知らないこともたくさんあります。仏壇を購入するときには、『一生もの」として考えて、慎重に選びたいものです。購入...

 
 

仏壇は、一生に一度、買うか買わないかの品物です。一度購入すると一般的には30〜40年使うことができ、昔の仏壇店であれば一度購入した仏壇を永久的にケアしてくれる場合もあります。ですから、ほとんどの方が仏壇を購入するとき、はじめての経験となるでしょう。何も知らない状態で、仏壇店へ行くことになります。仏壇店は何軒か回って見るようにしてください。比較をして、より良いものをできるだけ良い条件で購入してくださ...

 
 

葬儀を執り行う経験は、一般的に人生の中で何度もありません。ですから不慣れなのは当たり前ですし、分からないことが多いのも当然ですね。しかし、そうなりますと、つい葬儀社任せになりがちです。葬儀前は時間的な余裕もありませんし、専門知識が必要なことであるにも関わらず知識がないとなると、そうなるのも頷けます。しかし、きちんとした説明は必要ですし、ある程度の希望は伝えなくてはいけません。全てを任せて納得できる...

 
 

訃報の知らせを受けたあと、お付き合いの度合いによって弔問するタイミングが異なりますね。近親者や親しい方の場合には、なるべく早く駆けつけるようにしましょう。一般関係者の場合は、お通夜か葬儀の日時を調べて弔問するようにします。また、取り込み中の遺族に電話をかけて、お悔やみの言葉を述べるのは控えるようにしてください。近親者や親しい方の場合で取り急ぎ弔問するときは、服装は平服でかまいませんが地味なものにし...

 
 

葬儀に参列する際、礼儀やマナーを知らなくて心細くなることがありますね。特に、葬儀のような厳かな席で、知らずに無礼な行動になってしまうのは、避けたいものです。ここでは、香典のマナーについてお話ししましょう。香典とは、もともと「故人への香のお供えの代わりに現金を包む」という意味を持っています。香典を渡すときには、どんなに親しい方でも、必ず住所・氏名(フルネーム)・金額を記入するようにします。香典の表書...

 
 

葬儀では、たくさんの葬儀用語が使われます。意味が分かるものも多いですが、言われた“音”だけでは分からない言葉や、正確な意味を知らない言葉もたくさんありますね。例えば、『遺影』は故人の写真のことを言いますが、肖像画でも良いということはご存知ですか。『お清め』とは、お通夜や葬儀後の飲食で、関東地方で言われる言葉です。一般的には通夜振る舞いや精進落としなどと言われていますね。また、葬儀や法事の後の会食を...

 
 

葬儀が終わると、次に待っているのは様々な手続きです。人がひとり亡くなると、社会的・法律的・供養に関するものと、大きく分けると3種類の手続きが必要です。まずしなくてはいけないこととして、近隣や故人の勤務先、お世話になった方や寺院へのご挨拶です。勤務先に関しては挨拶以外にも、私物の整理、給与精算など、必要に応じて手続きを行います。また、7日目の初七日や四十九日が大きな区切りとなりますので、四十九日法要...

 
 

葬儀が終わって一段落しても、まだまだやることはあります。各方面への手続きやご挨拶、四十九日の準備など、なかなか落ち着くことはできないでしょう。ここでは、納骨についてお話ししましょう。納骨の時期は、地域や習慣によって異なりますので、一概に『いつ』とは言えません。いつ納骨したら良いのか分からない場合には僧侶に相談しても良いですし、お墓をお持ちでしたら四十九日法要のときに納骨を行う場合が多いので参考にす...

 
葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社