小さな葬儀

かつて葬儀は、ある程度の形式に則って行われるものでした。
そこには形式へのこだわりもありましたし、世間体もありました。
しかし最近では、故人の遺志や家族の意向などで、様々な形の葬儀が執り行われています。
葬儀の形式についての法的な決まりはありませんので、家族で話し合って気持ちの確認をしておくと、その時が訪れたとき慌てることがありません。
また、本人の気持ちが分からない、家族の意向も分からない、という状態よりも、しっかりと話し合っておくことで揉めることも後悔することも最小限で抑えることができるのではないでしょうか。

 

ここでは『小さな葬儀』についてお話ししましょう。

 

密葬

密葬は、一般会葬者には遠慮していただく形になります。
ごく身内だけで執り行います。

 

家族葬

家族葬は、近親者と、故人と親しかった親族や友人だけで故人を偲び、お別れをする小さな葬儀です。
義理や付き合いでの会葬者はなく、故人とのお別れを大切にした内容で、宗教・無宗教は問いません。
決まった形式はなく、仏式であれば僧侶に読経をお願いし、無宗教では自由な発想で行う場合もあります。
故人への想いを重要視し、経済的な負担を軽減することもできるので、年々増えています。

 

直葬(火葬のみ)

直葬は、葬儀を行いません。
近親者や友人などの近い関係者だけで、火葬場で故人とお別れをする弔い方です。
かつては経済的に困難な方や身寄りがない方のケースが多かったようですが、最近では簡素な送り方を望んだり、経済的負担を軽くしたいという方など、年々増えているようです。
宗派があれば、火葬時に僧侶の読経を依頼することもできます。

 

いずれにしても『小さな葬儀』では、知人や友人など周りの方へ知らせる配慮は必要になります。
後々、亡くなったことも知らされなかったと、悲しい思いをされる方がいませんよう、お知らせと配慮は忘れてはいけませんね。

 

様々な葬儀

葬儀は、故人を送り出し、お別れをするための儀式です。
日本では9割が、宗派に則って僧侶の読経で送る仏式葬が取られています。

 

ここでは、様々な葬儀についてお話ししましょう。

 

様々な葬儀

●仏式葬
仏式葬は、日本人の約9割が行っている一般的な葬儀です。
宗派に則った僧侶の読経で見送る葬儀となっています。
葬儀の日程、戒名やお布施の金額など、打ち合わせが必要です。

 

●社葬・団体葬
社葬は、会社の社長や会長などが亡くなった時、社員の殉職など、会社が主催した葬儀を指します。
費用は会社が負担し、運営にも責任を持ちます。
大規模の葬儀の場合が多く、大きい斎場で行われます。
遺族と会社が合同で行う場合は『合同葬』と言い、会社以外の団体が主催する葬儀は『団体葬』と言います。

 

●神式葬・キリスト教式葬
神道式で行う葬儀は神葬祭と言い、神社の神官が執り行います。
神社で葬儀を行うことはできませんので、自宅か斎場で行います。
キリスト教式葬は、教会の神父や牧師が教会や斎場で行います。

 

●無宗教葬・自由葬
無宗教葬は、特定の宗教にとらわれない自由な形での葬儀のことです。
自由葬とも呼ばれ、葬儀というより告別式や追悼式という形式です。
焼香ではなく献花を行い、祭壇に花と遺影を飾り、故人の好きな曲などを流すこともあります。
音楽を中心とした葬儀を音楽葬と呼ぶこともあります。
無宗教葬は年々増え、故人に相応しい送り方を遺族が考えたり、故人の遺志を尊重する形で行われることが多いようです。

葬儀体験談-『家族葬という形』

主人の祖母が95歳という高齢で亡くなり、既に本人の知り合いや友人なども他界していることから、葬儀をどんな形にしようかと同居の義両親が話しているのを見ていて思い出し、家族葬をお勧めしました。

 

私の祖母が亡くなったときに『家族葬』を行いました。
祖母は市内の互助会に積み立てをしていたので、費用はその中で賄うことができました。
祖母が亡くなると母が互助会に連絡をし、その流れで葬儀屋が家に来てすぐに打ち合わせが始まりました。
若かった私にはこの迅速さが衝撃的で、さっき祖母が亡くなったばかりなのに目の前でお金のことやプランのことを話し合っていることが少し嫌でもありました。
今は迅速な対応が有り難いことも、そうしなければいけないことも分かりますが。

 

家族葬でしたので他人の出入りがなく、その後の時間は祖母とのお別れの時間になりました。
祭壇などは通常の葬儀と何も変わりないですし、お坊さんの読経ももちろんあります。
自宅で行ったので、当時まだ小さかった姉の子どもがチョロチョロしていても、気を使うこともありませんでした。
葬儀屋が用意してくださったお花のほかに、祖母が好きだった白い百合をたくさん飾り、祖母が好きだった民謡をずっと流していました。
他人の参拝がないことで、誰に気を使うこともなく、本当に家族が思うように祖母を送り出すことができたと思います。
その後、何度か葬儀に参列したことはありますが、あの葬儀が私には理想的な葬儀だったと、今でも思っています。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社