一般的な葬儀の形式

日本人の約9割が葬儀を仏式で行います。
最近は、形式や世間体よりも、故人らしい葬儀を執り行う傾向が強くなっており、葬儀の形も変わってきています。
葬儀の種類には、仏式、神道式、キリスト教式など宗教による形式。
自由葬、音楽葬、お別れ会、偲ぶ会、生前葬など、無宗教の形のものがあります。
また、葬儀の規模として、密葬、家族葬、直葬、社葬などがあります。

 

法律では、『死後24時間以上経過しなければ、火葬してはいけない』『墓地以外に埋葬、埋蔵してはいけない』という規定があります。
ただし、葬儀に関する法律は一切ありません。
つまり、どのような形式で執り行うかは、それぞれの自由と言うことになりますね。

 

葬儀と告別式は、一般的には別の儀式です。
葬儀は、故人を葬るための宗教的な儀式、告別式は故人との最後のお別れの儀式です。
葬儀は、必ず宗教儀礼に則った儀式です。
無宗教の葬式は、告別式だけということになります。
最近は、大規模な葬儀でもない限り、葬儀と告別式を一緒に執り行うことが一般的となっており、一般会葬者も葬儀からの参列となります。
また、一般会葬者は、葬儀や告別式より、お通夜に弔問することが多くなっています。

 

お通夜は本来、葬儀の前夜に故人と親しかった人たちが一晩中故人に付き添って、最後の別れを惜しむ儀式でした。
しかし現在、一般会葬者がお通夜に弔問することが多くなったため、午後6時ごろから読経と焼香を行う半通夜が一般的となっています。

 

また、仮通夜というものがあります。
仮通夜は、亡くなった夜に近親者だけで故人に一晩中付き添って夜を明かすことを指します。
特に、亡くなった日からお通夜まで、日にちが開いてしまう場合には、近親者だけで仮通夜を行います。
仮通夜にも僧侶を招き、読経をしてもらいますが、最近は省略することも多くなり、身内だけ過ごす夜となっていることが多いようです。
身内だけですので、正式な喪服は必要ありません。

 

葬儀体験談-『親の葬儀の感想』

数年前に親が亡くなり、家の最寄り駅前にある、チェーンの大きな葬儀場で葬式を行いました。

 

そこの葬儀社に決めたきっかけですが、末期がんでいつ死んでもおかしくない状況だったので、家族が事前に申し込んであったようです。
入院していた病院にも出入りの葬儀社があったみたいですが、うちの場合は自宅から離れた病院に入院しており、亡くなった際には遠くから葬儀社に来てもらわねばならず結構大変でした。
葬儀社の車には二人しか付き添いできないと言う事だったのですが、家族は3人おり、タクシーを使わねば帰宅できないため、大変でした。

 

実際の葬儀は滞りなく行われました。
さすが大手葬儀社、よく言えばそつなくこなす、悪く言えば非常に事務的で冷たい感じがしました。
いちいち感情をこめていたらやっていられない業界なのはわかるのですが、私にはやはり冷たく事務的といった印象が否めませんでした。

 

仕事関係の方の弔問が多いことを想定した、かなり大きな式だったのですが、一般人にしては費用は高い印象でした。
祭壇から位牌、様々なものを亡くなった直後に決めなければいけないのですが、正直頭がついていかず、家族で困ってしまいました。
しかも、価格の差がかなりあるので、あまり安くても、とか高すぎるかな、などと考えながらいろいろなことを急いで決めねばならないのがつらかったです。

 

式自体はかなり立派なものになり、仕事関係者の方にも失礼のない式ができたので後悔はないのですが、やはり温かみのある式が良かったな、とも思います。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社