香典返しの礼状と熨斗

葬儀では、会葬者がお香典を持ってきてくださいます。
そこで、『当日返し』の香典返しがその場で渡され、高額のお香典に関しては忌が明けてから『後日返し』としてお香典の金額に合わせた商品をお送りします。
その際の金額は、当日返しと合わせて半返しになれば良いとされています。

 

後日返しの香典返しをお送りする際、直接渡せる場合にはそのほうが望ましいでしょう。
葬儀のときのお礼と、その後のことなど近況を報告することができれなベストですね。
しかし、後日返しの分の香典返しに関しては、発送しても全く失礼にはあたりません。
香典返しを発送する場合には、四十九日法要後に発送するのが一般的です。
礼状、或いは挨拶状として、お世話になったお礼の言葉と、四十九日法要と納骨が済んだこと、戒名の報告などをするのが一般的です。
香典返しを扱っているところであれば、どこでも文書の用意がありますので利用すると良いでしょう。

 

ただし、直接お渡しできる場合には、礼状や挨拶状の添付は不要となっています。

 

また、香典返しには熨斗をつけるのがマナーです。
地域や慣習などによって、事情は様々となっていますが、一般的な考え方としては水引で下に葬家の苗字を入れる形で良いでしょう。

 

喪主の立場、或いは葬家の事情により、フルネームや○○家と書くこともありますし、喪主が複数いる場合にはそれぞれの氏名を書く場合もあります。
その辺りは、業者の方に相談すると良いでしょう。
名前の入れ方については、それほど厳しい決まりがあるわけではありません。

 

また、三回忌以降の法事であれば、複数の法事をまとめて執り行う場合があります。
このような場合の熨斗の書き方は、仏さまになられた順に右から左へと書くと良いでしょう。
○○回忌とそれぞれ入れることもできます。

香典返し、生花・弔電・会社へのお礼は?

葬儀には、会葬者がお香典を持ってきてくださいます。
そのお返しに香典返しが渡され、高額のお香典をいただいた場合には、後日改めて香典返しを発送するのが一般的です。

 

では、生花や弔電へのお返しは必要なのでしょうか。

 

お香典のほかに生花をいただいた場合、身内や親族であれば生花のお礼は必要ありません。
ただし、上司や友人などが生花を送ってくださった場合には、当日お渡しする香典返しのほかに、後日お礼を発送すると良いでしょう。
その場合、お香典の金額と生花のだいたいの金額を足して、総額の半額程度のお返しとなりますが、当日お渡しした香典返しの金額は差し引いても良いでしょう。

 

また、弔電の場合はどうでしょう。
ほとんどの場合、弔電についてはお返しをお送りすることはありません。
ただし、いただいたご厚情へのご挨拶は、きちんとしなければいけません。
葬儀後、なるべく早くにお礼の言葉を差し上げてください。

 

会社へ香典返しは、どうしたら良いのでしょうか。
お身内の葬儀で、勤め先の会社や団体からお香典をいただく場合がよくあります。
このような場合、会社や所属団体の風土を理解する必要があります。
大きな企業であれば総務部などから届くことがあります。
このような場合には、香典返しの必要はないと考えることが多いようです。
ただし、会社の親しい方からのお香典であれば、やはり香典返しをお渡しすることが一般的となっていますね。
会社名で生花や弔電をいただいた場合では、社長宛にお礼される方も多いようです。

 

では、葬儀のときにお手伝いをしてくださった方へのお礼はどうしたら良いのでしょうか。
金額は、決して大きくなくても良いので、葬儀後早めにお礼をするようにしましょう。
グループであれば、みなさんで食べられるお菓子や、個別であれば予算は一人1,000円程度で良いでしょう。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社