香典返しについて

お通夜、告別式では、会葬者にお香典をいただきます。
香典返しは、当日すぐにお渡しする『当日返し』と、忌明け後に送る『後日返し』があります。

 

『当日返し』は会葬者に一律にお返しするもので、『後日返し』はお香典を多く包んでくださった方へのお返しとなります。
金額は一般的に『半返し』と言われており、いただいたお香典金額の半額相当の品物をお返しする場合が多いようです。
頂いたお香典が10,000円であれば、お返しは5,000円相当の商品ということですね。

 

葬儀当日の香典返しとして、お茶などの商品をお返しすることが習慣化していますが、高額のお香典を頂いた方にもこの香典返しはお渡ししてあります。
この場合、10,000円のお香典に対して、半返しで5,000円相当のお品物ということになりますが、この5,000円から当日お返しにお渡しした商品の金額は差し引いてかまいません。
当日の香典返しが1,500円だった場合、10,000円÷2=5,000円 5,000円−1,500円=3,500円で、後日返しの分は3,500円相当の商品で良いでしょう。

 

また、当日にお返しするハンカチはだいたい500円相当となっていますが、これは会葬御礼品と言って「葬儀に参列してくださってありがとうございます」という意味があり、香典返しとは別のものになります。
ですから、香典返しとは別の予算となります。

 

そして、高額のお香典であっても、親族や身内からいただいた場合には、半返しにこだわる必要はありません。
親族や身内の故人や葬家へ対する気持ちの現れですので、有り難く気持ちを受け取りましょう。
きっちりと半返しすることで、他人行儀で仰々しいと思われることもあります。

 

だいたい30,000円くらいまでであれば、半返しで良いでしょう。
それ以上の金額になったときには、3分の1、或いは4分の1くらいのお返しでも失礼にはあたりませんよ。

葬儀体験談-『心ゆくまで』

母が他界したときのことです。
町内会のホールを借りて、家族葬を行いました。
葬儀屋は、以前父が亡くなったときにの葬儀をお願いして、母がとても感謝していた葬儀屋さんです。

 

家族葬をお願いするととても親身になってくださり、母が好きだったもの、好きな曲、花、小さなホールを全て母が好きだったもので埋め尽くしてくれました。
私も家族も、それを見ただけで涙が止まりませんでした。
家族、親族、極々親しい友人関係の方で、心を込めて送ることができたと思います。
総勢50名ほどでしょうか。
小さな葬儀でしたが、温かい集まりでもありました。
狭いホールには静かに母の好きな演歌歌手の歌が流れていました。

 

それぞれにゆっくり時間をかけて母とのお別れができたので良かったです。
棺桶の中にはみんなで母の好きだった白い百合を入れ母の周りを飾って、みんなで最期の母の顔を見て、涙を流して本当に最後のお別れをしました。
お通夜、告別式、葬式と、和尚さんにお経をあげていただき、これほどお経が有り難いと思ったのも初めてです。

 

小さな葬儀は全てに私たちの想いがこもっていたので、遺族は本当に満足できるものだったと感じています。
私が亡くなったときも、小さな家族葬にしてほしいと思いました。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社