葬儀の費用

葬儀の費用と一口に言っても、その相場は地域や葬儀の内容などで異なります。
葬儀にかかった費用の全国平均は、データによると総額約240万円。

 

・葬儀社に支払う葬儀一式費用
・飲食接待費
・寺院への戒名・読経・お布施など費用

 

香典返しなどを含めるとプラスαとなり、これ以上の費用がかかるということです。

 

葬儀一式費用の内容

【葬儀関係】
・祭壇
・棺
・遺影写真
・白木位牌
・焼香用具
・受付用品
・看板
・胸章
・テント
・幕
・後飾り
・供花

 

【葬儀前にかかるもの】
・枕飾り
・枕花
・ドライアイス
・遺体保管料
・湯灌

 

【斎場】
・斎場使用料
・音響設備

 

【火葬場】
・火葬料
・控え室
・飲食費
・骨壷

 

【車両】
・寝台車
・霊柩車
・マイクロバス
・ハイヤー

 

【返礼品】
・会葬御礼品
・会葬礼状

 

【人件費】
・運営管理費
・司会進行
・案内係
・役所や火葬の手続き代行

 

【その他】
・心付け等

 

葬儀一式費用は、上記のような内訳となります。
葬儀社にかかる費用は葬儀費用と言い、他の業者にかかる費用に関しては葬儀社がその場で立て替えをし、立替の実費費用と言います。
葬儀費用と実費費用は、一緒に精算します。

 

葬儀費用の主なものに、祭壇、棺、会葬礼状、遺影写真、写真前花飾りなどがあります。
ほかにも、病院から自宅へ搬送する寝台車や、遺体を保存するためのドライアイス、手続きの代行など、実に多岐に渡る様々なことがあります。

 

この葬儀費用を『葬儀一式費用』として葬儀社では売りにしています。
しかし、ほとんどの場合、見せられたパンフレットにある『基本プラン』『セット料金』などは、葬儀費用の総額にはなっていません。
基本料金に含まれる内容、或いは含まれていないけれど必要な物など、きちんと確認する必要があります。
そして料金を訊き、把握しておくことが重要です。

 

葬儀の費用、契約前に気を付けたいこと

葬儀費用を葬儀社では『葬儀一式』として売りにしていることがよくあります。
しかし、ほとんどの場合、パンフレットにある『基本プラン』『セット料金』などは、葬儀費用の総額にはなっていません。
ですから、基本料金に含まれる内容、或いは含まれていないけれど必要な物など、きちんと確認する必要があります。
そして料金を訊き、把握しておくことが重要です。

 

例えば、セット料金に『飲食接待費』の全ては含まれていません。
飲食接待費は、お通夜の会葬者の人数をおおよそで予想し、だいたいの量で用意します。
つまり、足りなければ追加になり、料金が上乗せになるということです。

 

また、葬儀費用と寺院への費用は別のものです。
仏式では、寺院へ読経や戒名の費用としてお布施を収めます。
神式では神社へ、キリスト教は教会へのお礼が必要です。
ただし、無宗教では必要ありません。

 

葬儀社の見積りを見るときは、『セット料金』含まれているものに何があるのかを確認し、含まれていない物で必要なものを確認する必要があります。
見積書の『祭壇』だけでは内容までは分かりませんね。
ここでも必ず確認をしてください。
写真を見せてもらって確認をすると良いですね。
写真はないとされた場合、「見積書に書いているもので祭壇はできあがりますか?」と訊きましょう。
具体的な要望があれば、それも必ず確認してください。
了承して契約してから、あれもこれも有料です、別途料金になりますでは、トラブルの元です。

 

また、葬儀費用の支払いは、葬儀後、葬儀社からの請求書が届いてからで良いでしょう。
一般的な常識として、請求書が届いたら1週間以内には支払ってください。
ほかにも、お布施や心付けなど現金が必要となります。
ある定度の現金を用意しておくと良いですね。

葬儀体験談-『我が家での初めての葬儀』

我が家で初めて葬儀を行ったのは、父ががんで亡くなった時でした。
葬儀業社は余命宣告を受けていた父が決めていたところでした。
退職前に休職している期間に亡くなったため、会社の人が訪問しやすいようにと駅の近くの葬儀場にしていたのです。
亡くなった後、すぐにチラシの葬儀業者に電話し、1時間後には来てもらい話し合いをしました。
在職中ということで100人程度予定した一般的な通夜と告別式を行うことにしました。
初めてのことでわからないことだらけでしたが、葬儀の勝手を知る親戚の方が進めてくれました。
供花の手配や食事の用意、個人の写真選び、会葬御礼などを言われるがままにやっていきました。
こちらの葬儀業社では、松竹梅の料金設定がされていたので、どれも真ん中の「竹」を選択しました。
予想通り、会社の方が多く弔問したことで通夜、葬式ともに100人ぐらいの方が訪れ、あわただしい中でしたが無事に故人をおくることができました。
かかった費用は100万円ほどでした。
この価格が安いのか高いのかも、正直なところ分かりませんでした。
今回のことで感じたのは、前もって葬儀業者に見積もりを依頼したり、互助会に加入したりしていろいろな葬儀業者の話を伺っておけばよかったなと感じています。
当事者は、不意の出来事やまた病気などで事前にわかっていても「葬儀」に関しては触れてはいけないことのような気がして知る機会を持とうとはしません。
それにより、料金面で納得いかないことも多いので、事前に自ら行動して把握する必要性を感じました。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社