葬儀を行う場所

かつての日本では、葬儀を自宅で行うことが一般的でした。
それは、大きな棺を安置する場所もありましたし、祭壇を造ることも参列者を迎えることもできる広さを所有していたからです。
また、いまのような大きな祭壇ではありませんでしたし、ほかに執り行える場所がなかったという背景もあるでしょう。

 

現在、自宅で葬儀を行う方は年々減少しています。
自宅以外で行える場所に、斎場やセレモニーホール、寺院、集会場などがあります。
葬儀の場所を決めるときには、形式、規模、予算などを考慮して選ぶと良いですね。

 

自宅

自宅で葬儀を行うと、斎場を借りる費用がかかりません。
近隣のお付き合いがあった方の参列がしやすく、故人が生活していた場所でもあり、精神的には気を遣う部分が少なく済みます。
ただし、祭壇を飾り焼香する場所の確保のため、部屋を片付け部屋を広くし、また人の出入りが頻繁になるため近所への気遣いが必要です。

 

民営セレモニーホール

民営のセレモニーホールは、設備が整っており、キレイで便利になっています。
しかし、一般的には高額で、葬儀社直営の場合はその葬儀社に依頼しなければいけないため、葬儀社を選ぶことができません。
また、寺院の運営の寺院斎場では、宗教や宗派の制限があります。

 

公営斎場

公営斎場の利用料は、手ごろで安価です。
ただし、安価であるため混み合っており、ちょうど空いていなかったということもよくあります。
また、交通の便の考慮がされていないため、便が悪い場合もあるでしょう。

 

寺院、集会場

寺院や集会場は設備が整っておらず、準備が少々大変です。
また、寺院では宗派に制限があり、檀家に限定される場合もあります。

 

予算の都合はあって当然ですし、葬儀の規模や形式によって求める場所も違ってきます。
どなたかに勧められることがあったとしても、それぞれのケースがありますので、よく考えて決めましょう。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

葬儀体験談-『予定通りにはならなかった家族葬』

父が亡くなり、故人の遺志で極々身内だけで家族葬を執り行うこととなりました。
家族葬の場合、ほかの方はどのように進めていくのでしょうか。
うちの場合、12〜13人の家族葬の予定でしたが、結果的にはご遠慮願った参拝者が来てしまい、「家族葬」というわけにはいかなくなってしまったのです。
父が亡くなった際、お知らせする必要がある各方面への連絡をしました。
そのときに「故人の遺志で家族葬とさせていただきます」とお伝えし、列席をご遠慮いただいたのですが。
やはり中にはそれでも来る方はいらっしゃいました。

 

母が決めた会館は、家族葬用に小さな部屋を用意してくださっていたので、ほかの方がいらっしゃると手狭です。
また、家族と親族だけという前提でしたので、料理や車の手配の変更も出てきます。
そこは葬儀屋の方が気を利かせてくれて、すぐに変更してくれたので大変助かりました。
葬儀自体は予定通りにはいきませんでしたが、無事に終わることができたので良かったのですが。

 

ただ、葬儀が終わると葬儀に出席されなかった知り合いの数名の方から、『出席を断られたので遠慮したが、出席した人もいると聞いた』とクレームのようなお電話をいただいたり、後日焼香に来てくださったときに言われたりもして、対応に困る場面もありました。
このような場合、どうやって進めたら皆さん納得してご遠慮いただけるのでしょうか。
父の最期でしたので、本人の遺志を継いだ形なのですが、それで本当に良かったのか未だに胸に残っています。

 

予定外の列席者がいたにも関わらず、葬儀自体は予算内の160万円で済みましたし、会場の宿泊施設もとても清潔できれいだったので過ごしやすかったです。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社