お通夜、葬儀・告別式の流れ

お通夜は、葬儀社の方の説明に則って指示に従って執り行われるものだと思っている方は多いでしょう。
しかし、ある程度の流れが分かっていれば、その場で戸惑うこともなくスムーズに解釈することができるのではないでしょか。

 

ここでは、一般的な仏式のお通夜、葬儀・告別式の流れについて、お話ししましょう。

 

お通夜の流れ

お通夜は、18時ごろから1〜2時間で行われるのが一般的です。
受付は30分前に開始します。
祭壇に向かって右側に遺族・親族、左側に関係者の席順で、遺族や関係者が着席します。
着席したら、僧侶が入場し、読経、焼香が行われます。
まず、喪主が焼香し、遺族、親族、一般参列者の順に焼香していきます。
多数の参列者があった場合、読経の途中から焼香を行う場合もあります。

 

ここで、僧侶が退席し、通夜振る舞いとして食事や飲み物を用意します。
一般参列者は、焼香したら順次、通夜振る舞いの席に案内します。

 

最後に、喪主、或いは世話役代表が参列者にお礼の言葉を述べます。

 

葬儀・告別式の流れ

最近では、葬儀と告別式の区別しないで行われることが多いです。
受付開始は30分前には開始します。
遺族や関係者が着席
祭壇に向かって右側に遺族・親族、左側に関係者の席順で、遺族や関係者が着席します。
ここで、司会者からの開式の言葉があります。
僧侶の入場し、読経を行います。
司会者から、弔事の拝読と弔電の紹介があります。

 

焼香は、まず僧侶が行い、喪主、遺族、親族、一般参列者の順に焼香していきます。
焼香が終わると、僧侶が退席します。
会場で、喪主の挨拶がありますが、この挨拶を省略して、出棺の際の挨拶だけという場合が多くなっています。
司会者から閉式の言葉があり、告別式は終了、続いて出棺の準備となります。

 

故人との最後の対面として、棺を祭壇から下してお顔を見て、棺の遺体の周りに祭壇の生花を飾り、最後のお別れをします。
ここで出棺です。
棺は、遺族や親族の男性が数人で持って、霊柩車まで運びます。
参列者へのお礼と感謝の気持ちを、喪主が挨拶に変えてこの場でお話しします。
喪主の挨拶のときには、遺族は位牌や遺影を体の前で掲げて、参列者の方へ向けて立ちます。

 

ご遺体とは、ここでお別れになります。

葬儀、火葬から精進落としまで

火葬場へは、遺族・親族が何台かの車に分乗して、霊柩車に従って向かいます。
このとき、僧侶も同行することが多いです。

 

まず、『納めの式』が行われます。
『納めの式』とは、火葬炉の前に安置された棺を前に、最後のお別れをすることです。
僧侶の同行があった場合、ここで読経を行ってもらいます。

 

火葬には、約1時間かかります。
その間、遺族は控え室で待ちますが、茶菓やお茶を出して、僧侶や同行者の接待をしてください。

 

火葬が終わると、骨揚げをします。
2人一組になり、一つのお骨を竹箸で挟んで骨壷に納めます。
骨あげが終わったら、火葬場の係の方が骨壷と埋葬許可書を白木の箱に入れてくれます。
(埋葬許可書は、納骨の際に必要です)
遺骨は、喪主が両手で抱えて自宅へと持ち帰ります。

 

遺骨になったら、後飾りの祭壇に安置します。
遺骨、位牌、遺影は、四十九日の忌明けまで安置することになります。

 

遺骨を自宅に迎えたら、後飾りの前で行われるのが還骨法要です。『かんこつほうよう』と読みます。
最近では、還骨法要と併せて初七日法要を繰り上げ、斎場で行われることが多くなっています。

 

僧侶や親族の方たちなど、葬儀でお世話になった方に感謝の気持ちを表し、労うための会食の席を設けます。
これを『精進落とし』、或いは『お斎(とき)』とも言います。
上座に僧侶や世話役の人たちに着席してもらい、喪主や遺族は末席に着席します。

 

そしてこの精進落としを以て、葬儀当日の儀式は終了です。

 

最後に、世話役や会計係からの引き継ぎとなります。
香典、香典袋、香典帳、弔辞文・弔電、会葬者名簿、名刺などを受け取り、精算をします。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社