臨終から安置まで

日本人は多くの方が病院で臨終を迎えます。
病院でお亡くなりになった場合、病院スタッフが遺体の消毒をし拭き清め、耳、鼻、肛門に綿を詰めてくれます。
処置が終わると病室から霊安室に遺体は移され安置されます。
大変な状況ではありますが、遺族は病室の整理をし、速やかに遺体を引き取ってください。
医師より死亡診断書を受け取るのを忘れないように。

 

病院から連絡をもらって臨終を知った場合には、2〜3人以上で病院へ出向き、遺体の引き取りと部屋の整理、私物の引き取りをします。
病院への支払いと、お世話になった病院スタッフの方へのお礼、親族への連絡、葬儀社への連絡など、やらなくてはいけないことがたくさんあります。

 

また、自宅で亡くなった場合には、主治医に連絡して往診をお願いします。
主治医がいない場合には、警察に現場検証を行ってもらわなくてはいけません。
ここで注意が必要なのは、病死など死因が確認されるまでは遺体を動かしてはいけません。

 

亡くなったときには、遺体の安置場所を決めなくてはいけません。
病院で亡くなった場合、病院からどこに遺体を運ぶかを決めておく必要があります。
一般的には、自宅、葬儀社などになります。
その際、病院から自宅、または葬儀社に遺体を運ぶ手段を考えなくてはいけません。
ほとんどの病院で、病院と契約している葬儀社があり、遺体の搬送も契約内容には入っています。
しかし、搬送してもらったからと言って、葬儀をこの葬儀社に依頼する必要はなく、搬送だけの依頼でもOKです。
この場合は、搬送費用だけを支払えばよいことになります。

 

ただし、自宅で遺体を安置できない場合、搬送してもらう葬儀社に安置する場所を探してもらったり、その葬儀社に安置させてもらうことになるので、断りづらくなってしまいます。
そのような場合には、できれば事前に葬儀社を決めておいて、その葬儀社に搬送から依頼してもらうと良いですね。

 

遺体を北枕に安置したら、遺体に死化粧をし、白の死装束を着せます。
葬儀社の方がやってくれることが多く、最近では故人の好きだった洋服を着せることも多いようです。
顔に白い布をかけて覆い、遺体の傍に小机を置きます。
線香、ローソク、花などのお供えで、枕飾りとします。
僧侶に頼んで枕経をあげてもらう場合もあります。

 

死亡届の提出から納棺まで

日本人の多くが、最期を病院で迎えます。
亡くなったら、速やかに遺体の引き取りをしなくてはいけません。
病室の片付けを行い、私物をまとめて持ち帰り、遺体を安置する場所まで搬送してもらいます。

 

病院では、死亡が確認されたら、医師から死亡診断書を受け取ります。
受け取ったら、必ずコピーを取っておきましょう。

 

火葬・埋葬は、死後24時間以上経過しなければ行うことができません。
死亡届を出さなければ火葬・埋葬の許可証が交付されないので、葬儀を行うことができません。
葬儀後の諸手続きには死亡診断書が必要となります。
提出する前に、必ずコピーをとっておくようにしましょう。

 

では、書類の提出です。
医師からの死亡診断書の左側が死亡届になっています。
この書類に必要事項を記入し、市区町村役所へ提出します。
死亡届は、故人に近い親族が届出人となって署名捺印をしてください。

 

死亡届の提出先

・死亡した方の本籍地
・届出人の現住所
・死亡した場所

 

いずれかの市区町村役所の戸籍係に提出します。
一般的には、依頼する葬儀社に手続きを代行してもらいます。

 

遺体の安置場所は自宅か葬儀社ということが一般的です。
安置をしたら、葬儀の打合わせをしなければいけません。

 

まず、喪主を決めます。
一般的には配偶者や長男など、故人との所縁が最も深い人が喪主となります。
葬儀社と相談して、お通夜・葬儀について、形式、規模、日時、場所、予算などを決めます。
短い時間で決める必要がありますので、頼りになる良い葬儀社を選ぶと不安や不満がありません。

 

日時に関しては、菩提寺の住職に事前に連絡をして、相談する必要があります。
このときに『戒名』も住職に相談し、お通夜までに決めていただくようにします。
付き合いのある菩提寺がない場合は、宗旨宗派の確認をし、葬儀社に相談してください。

 

準備するものに、遺影写真、喪服、数珠などがあります。
葬儀で家紋を使用する場合は、家紋を調べておきます。
また、葬儀のお手伝いをしていただく方には、お願いと確認をしなくてはいけませんね。

 

そして、お通夜の前に遺体を納棺します。
納棺は、家族全員で行い、お身内の方はなるべく同席するようにします。
棺には、故人の愛用品や大切にしていたもの、好きだったものなどを一緒に納めることができますが、金属製品など燃え残るものは避けなくてはいけません。

葬儀体験談-『田舎の葬儀』

他県に住んでいる父方の祖父母の家には、小さい頃にはよく言っていましたが、私が高校生になった辺りからあまり行かなくなっていました。
両親は年に1度か2度は行っていましたが、私は高校から大学へと進学し、忙しさを理由に行かなくなってしまったのです。
就職してからも、その状況は変わりませんでした。

 

祖父が亡くなったという知らせは、職場の最寄り駅に下りてから着信に折り返し電話をかけて知りました。
「おじいちゃんが亡くなったの。すぐに戻ってきて。今から〇〇へ行くから」
慌てた母の声とその内容に、足がすくむ思いでした。
すぐに会社へ電話をかけ、それから家へ戻りました。

 

家へ戻って、母に言われて喪服を持っていないことに気付きました。
その時間ではお店も開いていません。
とにかく新幹線の時間を調べて、祖父母の住む街へ向かいました。
新幹線が到着した駅の駅ビルで喪服を購入し、在来線に乗り換えて祖父母の田舎へ向かいます。
懐かしい田舎の景色は少し変わっていましたが、ずっと会いに来なかったことを後悔していました。

 

葬儀は田舎特有の風習もあり戸惑うところもありましたが、田舎だからでしょうか、葬儀店の方がとても親切で温かい気持ちになりました。
費用は60万円ほどだったそうです。
父の話しでは都会ではあり得ない安さだそうです。
町の公民館で行ったことも費用が安くなった理由かもしれませんが、祭壇などもとてもシンプルで、私にはむしろそれが良かったと感じています。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社