葬儀とは?

葬儀は、亡くなった方を送り出す儀式です。
最近は、ご本人の意思により、葬儀をしないという方が増えています。
お通夜も告別式も行わず、近親者などの関係者だけで火葬場でお別れをする弔い方で、直葬と言います。

 

かつて葬儀をしない人は、経済的な理由や身寄りがないなどといったケースに限られておりましたが、最近は故人の遺志であることが多くなり、傾向としては都会に多いようです。
これは、お葬式にかかるお金のことを心配したり、家族や遺された人たちに迷惑をかけたくないという、故人の遺志が反映しているようです。

 

そして、非常に多くなっているのが、義理や付き合いではなく、故人をよく知る人たちだけで見送りたいという遺族の意思による、小さな葬儀です。
従来、広く関係者に知っていただき、葬儀や告別式への大勢の列席により、盛大に故人を見送るという形が一般的でした。
最近は『家族葬』や『お別れ会』など、形式や世間体を気にしない葬儀で故人らしさを損なわない形が求められています。
また、遺書にある内容の中に、葬儀の形などが記されることも多くなりました。
かつて遺書は、自殺者か、或いは大きな遺産がある人が書く特別な物のような印象がありましたが、最近では一般的に広くエンディングノートが浸透しています。
終活と言われている、最期に向かった準備も珍しくはありません。

 

しかし、故人の遺志を尊重するも、遺族の気持ちを尊重するも、どちらも否定できるものではありません。
どちらが良いとも悪いとも言えませんね。

 

葬儀は、故人を送り出すため儀式であり、遺された遺族の想いを形にする儀式であるとも言えますね。

 

葬儀体験談-『葬儀は想定以上のお金がかかるので事前に業者へ予算を伝えてください』

葬儀で注意していただきたいことが一つあります。
それは予算通りにはいかないという点です。

 

葬儀を行うにあたって、事前にゆっくりと検討できるケースと急遽検討しなくてはならないケースがあるでしょう。
事前にゆっくりと検討できるのであれば、どのような人に連絡をして、どれくらいの人が来るのかが予想できます。
それによってどの程度の規模で実施するのが良いのか、大まかに予測を立てながら葬儀の計画も立てられるでしょう。

 

しかし、そのような余裕のある方は稀です。
大抵の方は、急遽葬儀を執り行わなくてはいけない状況に置かれるのではないかと思います。
その場合、役所への連絡、葬儀会社の確保、葬儀場の確保、親類縁者への連絡などに忙殺され、予定が全く立てられません。
何よりも、急遽家族が亡くなってしまったのですから、気持ちの準備もままならない方が大半だと思います。

 

このような場合、商売上手な葬儀会社に依頼してしまうと想定以上のお金がかかってしまうので注意してください。
祭壇にも色々なグレードがあり、故人への感謝の意を表するにはそれ相応の祭壇の方が良いと薦められるはずです。
そう言われてしまうと、良心の呵責が当初想定していた予算を超えさせてしまうんですよね。

 

花や食事に関しても同様です。
簡素な祭壇では気の毒であると感じてしまうので、思わず装飾用の花を豪勢に、列席者の食事もグレードアップをさせてしまうのです。
それを防ぐためには、事前に業者へ予算の提示をし、どこにお金をかけてどこにお金をかけないのかをハッキリさせてください。
曖昧なままですと、思っていた以上にお金がかかることになりますよ。

 

>>葬儀・葬式の費用を安く抑える方法とは?東京・大阪など全国対応!
>>おすすめの葬儀社はコチラ

 

おすすめコンテンツ

葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社