葬儀関連@記事一覧

 

葬儀は、亡くなった方を送り出す儀式です。最近は、ご本人の意思により、葬儀をしないという方が増えています。お通夜も告別式も行わず、近親者などの関係者だけで火葬場でお別れをする弔い方で、直葬と言います。かつて葬儀をしない人は、経済的な理由や身寄りがないなどといったケースに限られておりましたが、最近は故人の遺志であることが多くなり、傾向としては都会に多いようです。これは、お葬式にかかるお金のことを心配し...

 
 

まだ生きているうちに葬儀について話し合うことは、ある種のタブーとされている部分があります。しかし、事前に決めておくことで、実際の葬儀に後悔なく、落ち着いて臨むことができるというメリットがあります。事前に決めておきたいこと・会葬者の予想人数などの規模故人の社会的地位や交際範囲、本人の意思を把握しておきましょう。また、経済的な状況も考慮しなくてはいけません。・宗教などによる形式日本人の約9割が仏式で行...

 
 

日本人の約9割が葬儀を仏式で行います。最近は、形式や世間体よりも、故人らしい葬儀を執り行う傾向が強くなっており、葬儀の形も変わってきています。葬儀の種類には、仏式、神道式、キリスト教式など宗教による形式。自由葬、音楽葬、お別れ会、偲ぶ会、生前葬など、無宗教の形のものがあります。また、葬儀の規模として、密葬、家族葬、直葬、社葬などがあります。法律では、『死後24時間以上経過しなければ、火葬してはいけ...

 
 

かつて葬儀は、ある程度の形式に則って行われるものでした。そこには形式へのこだわりもありましたし、世間体もありました。しかし最近では、故人の遺志や家族の意向などで、様々な形の葬儀が執り行われています。葬儀の形式についての法的な決まりはありませんので、家族で話し合って気持ちの確認をしておくと、その時が訪れたとき慌てることがありません。また、本人の気持ちが分からない、家族の意向も分からない、という状態よ...

 
 

日本では、ほぼ9割が仏式葬を行っています。僧侶に読経をしてもらい、最期のお別れをして送り出す、一般的な葬儀です。ほかにも、家族葬や密葬、社葬や団体葬、自然葬や自由葬、神式葬やキリスト教式葬など、様々な葬儀の形があります。最近では、葬儀という形式にとらわれず、別の形でお別れをする方法も増えてきています。背景には無宗教や故人の遺志を尊重するということがあるようです。お別れ会・偲ぶ会無宗教で告別式を行う...

 
 

良い葬儀社に依頼したいという気持ちは、誰でもありますよね。しかし、何を以て良い葬儀社と言うのか、それが分かるのは葬儀が終わってからだったりします。良い葬儀を行うには、規模の大小に関わらず、良い葬儀社を選ぶことが重要です。葬儀社選びは事前に行っておきましょう。土壇場になって選ぶことなどできません。事前に知っておく事がポイントですね。可能であれば、事前に葬儀社について調査をして、数社の担当者とお話しで...

 
 

日本人は多くの方が病院で臨終を迎えます。病院でお亡くなりになった場合、病院スタッフが遺体の消毒をし拭き清め、耳、鼻、肛門に綿を詰めてくれます。処置が終わると病室から霊安室に遺体は移され安置されます。大変な状況ではありますが、遺族は病室の整理をし、速やかに遺体を引き取ってください。医師より死亡診断書を受け取るのを忘れないように。病院から連絡をもらって臨終を知った場合には、2〜3人以上で病院へ出向き、...

 
 

人が亡くなると、遺体の安置、葬儀の手配・打ち合わせ、死亡届の提出、遺影の写真や喪服や数珠など準備するものなど、とにかく短時間でやることがたくさんあります。忙しさの中で、忘れてしまいそうなことがいくつかあります。葬儀は、葬儀社の方の手厚いサポートやアドバイスの中で執り行われ、遺族は悲しみの中にあるため、つい忘れてしまうことがあります。まず、死亡・葬儀のことをお知らせするということです。これは、葬儀社...

 
 

お通夜は、葬儀社の方の説明に則って指示に従って執り行われるものだと思っている方は多いでしょう。しかし、ある程度の流れが分かっていれば、その場で戸惑うこともなくスムーズに解釈することができるのではないでしょか。ここでは、一般的な仏式のお通夜、葬儀・告別式の流れについて、お話ししましょう。お通夜の流れお通夜は、18時ごろから1〜2時間で行われるのが一般的です。受付は30分前に開始します。祭壇に向かって...

 
 

かつての日本では、葬儀を自宅で行うことが一般的でした。それは、大きな棺を安置する場所もありましたし、祭壇を造ることも参列者を迎えることもできる広さを所有していたからです。また、いまのような大きな祭壇ではありませんでしたし、ほかに執り行える場所がなかったという背景もあるでしょう。現在、自宅で葬儀を行う方は年々減少しています。自宅以外で行える場所に、斎場やセレモニーホール、寺院、集会場などがあります。...

 
 

葬儀の費用と一口に言っても、その相場は地域や葬儀の内容などで異なります。葬儀にかかった費用の全国平均は、データによると総額約240万円。・葬儀社に支払う葬儀一式費用・飲食接待費・寺院への戒名・読経・お布施など費用香典返しなどを含めるとプラスαとなり、これ以上の費用がかかるということです。葬儀一式費用の内容【葬儀関係】・祭壇・棺・遺影写真・白木位牌・焼香用具・受付用品・看板・胸章・テント・幕・後飾り...

 
 

葬儀費用は、かけようと思えばどこまででもかけることができると言われています。しかし、この不景気の中、盛大な葬儀をしたいという気持ちはあっても、実際にはなかなかそうはいかないということもありますね。そこで、葬儀費用を安くする方法を考えましょう。それにはまず、数社からの見積りを取ることです。もちろん、葬儀の内容は満足できるものではないかもしれませんが、安価であることを優先する場合、数社の見積もりから最...

 
 

ほとんどの方が葬儀は不慣れなものです。慣れるほどの数をこなすことはありませんし、お悔やみに行く立場と、会葬者を迎える立場では全く違いますので、その流れさえ把握していないことが多いでしょう。ですから、いざその場になって慌ててしまうということはよくあることですし、終わってみてから「あそこはあぁすれば良かった」「ここはこっちのほうが良かった」と後悔することも少なくありません。ですから、「縁起でもない」な...

 
 

お通夜、告別式では、会葬者にお香典をいただきます。香典返しは、当日すぐにお渡しする『当日返し』と、忌明け後に送る『後日返し』があります。『当日返し』は会葬者に一律にお返しするもので、『後日返し』はお香典を多く包んでくださった方へのお返しとなります。金額は一般的に『半返し』と言われており、いただいたお香典金額の半額相当の品物をお返しする場合が多いようです。頂いたお香典が10,000円であれば、お返し...

 
 

葬儀では、会葬者がお香典を持ってきてくださいます。そこで、『当日返し』の香典返しがその場で渡され、高額のお香典に関しては忌が明けてから『後日返し』としてお香典の金額に合わせた商品をお送りします。その際の金額は、当日返しと合わせて半返しになれば良いとされています。後日返しの香典返しをお送りする際、直接渡せる場合にはそのほうが望ましいでしょう。葬儀のときのお礼と、その後のことなど近況を報告することがで...

 
 

香典返しには、お茶が使われることが多いですね。これには、実は理由があります。お茶は、仏教と深い関係があります。かつて、中国から僧侶を招いて仏教の考え方を教わり、それを基本に政治が行われていた時代が日本にはありました。そのとき、中国の僧侶たちが万病薬として持参していたのが『お茶』でした。そして、僧侶たちが毎日仏壇に感謝の気持ちで献茶(お茶をお供えする)していたことが、日本で広がったのが慣わしとなり「...

 
葬儀関連@
葬儀関連A
Pick Up葬儀社